無料で使えるマテリアル配布サイトまとめ (CC0 & CC1.0)&CC4.0

特集
特集

MMCやNeosFestaなどでライセンス的に安心に使える素材探しはなかなか大変ですよね。
今回はマテリアル、テクスチャなどをパブリックドメインライセンスで配布しているサイトをご紹介します。ぜひ皆さんの創作活動にお役立てください。

注意点

今回紹介するのは使用許諾の要らないCC0やCC1.0のマテリアル素材を配布しているサイトですが、サイトによっては様々なライセンスの物が混在していることがあります。使用時には必ずライセンスを再確認してご利用ください。

配布サイト

MaterialX library

CPU/GPUのメーカーとして有名なAMDがライセンスCC0PBSマテリアルを公開しているサイトです。商用ゲームで使えるようなハイクオリティなマテリアルが安心して使えるのって凄いですよね!テクスチャサイズも1k~4kサイズが用意されているので必要に応じてダウンロードしてください。

ambientCG

全部で1500種類を超えるPBSマテリアル、地形モデル、スカイボックスなどの商用利用可能な素材を配布しています。数はあまり多くはないのですが3Dモデルもいくつか存在しています。

Poly Heaven

こちらも有名なCC0のマテリアル配布サイトです。沢山のマテリアルの他、高品質な3Dモデルなども配布されています。

高品質なマテリアルが多数配布
見ての通りのハイクオリティな3Dモデルも配布されている

Share textures

このサイトは他にはないような変わった感じのマテリアルも多い為、変わり種のマテリアルが欲しい人にはお勧めです。

アニマル系のマテリアル
圧巻の布系マテリアルの数

3D Textures

こちらも様々なPBSマテリアルが配布されています。Sci-fiというカテゴリには近未来的なマテリアルが多くありますので、是非確認してみてください。
※注意点:サイトで次のページに進みたいときには左向きの矢印(Older Posts)をクリックしてください。

CG BOOKCASE.COM

こちらも多くのPBSマテリアルが配布されています。なかでも道路のマテリアルの充実ぶりは他のサイト以上です。

道路系のマテリアルが充実しています。

Texture Can

全体の数は少なめですが、食品に使える変わったマテリアルが配布されています。

チョコレートやサーモンカカオ豆などの食品のマテリアルも配布

Blender Asset Pack

800種類以上のBlender3.0用のプロシージャルマテリアルのセットが無料で配布されています。

Texture Ninja

5000以上ものCC0のテクスチャが配布されているサイトです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?これだけあれば、色々なアイテムやワールド作成時に必要なマテリアルが見つかりそうですよね!?
それでは楽しいネオスライフを!

     
タイトルとURLをコピーしました