Sola’mari Avatar

World
Worldアバター

動物型のアバター。
コンテキストメニューから、装備や見た目の変更、「鼻先が視界に映るか」などの設定が可能。
MMC22 Avatar: Avatars部門 佳作賞作品

以下、ワールドに掲示されているソラマリのアバターの設定を翻訳したものです。
*機械翻訳に意訳を混ぜているため、正確でない部分がある可能性があります。

シカトリケムのカイビビカ
別名:ソラマリ

“傷跡を抉る者”
戦後かなり経ってから発見された種族。

この星は戦いで荒れ果て、このままではただの大きな小惑星になる運命にあった。
I.F.が雑にPINGを送ったところ返答があったが、戦時中の核通信機と解釈され、以後ほとんど忘れられていた。
ある時、2回目のPINGが送られてきた。放射能が漏れ、大惨事になるのではと、捜索隊が派遣された。
すると、そこには生命が息づいていた。在来の植物、そしてさらに興味深いことに、未確認の種が繁栄していたのだ。
川からの放射線を遮るために壁に掘られた社会には、このような在来動物がいたのである。
研究者たちは次に何が起こるかわからないと恐れたが、彼らは意思の疎通ができる知的生命体だったのだ。
このことはI.F.に報告され、この星の除染作戦が開始され、放射能を除去し、植物を植えた。
彼らは自らを「ソラマリ」と呼び、他の様々な種族と協力して、この銀河系共同体を作り上げた。

前述したように、彼らは穴の中に入る種族であるが、彼らの体はそれに適した構造ではない。ソラマリ族は跳躍力が優れており、それが岩壁を昇り降りする主な方法である。自分たちで作った掘削道具で穴を掘ることから、採掘にも長けている。
彼らが発見された後、採掘作業の残骸は輸出される燃料となった。
平和的な種族で、攻撃的になることはほとんどなく、常に新しい者との出会いを求めている。農業との結びつきが強く、気質が似ているのか、ホブキンスとの相性は抜群に良いことが判明している。

非常に社交的で、すぐに一緒に採掘コロニーを作る。これらのコロニーは同じ地域に数十から数百まで存在する。常に集団で行動するため、単独行動のソラマリは珍しい。不毛な土地で助け合うことが進化的に組み込まれたため、ソラマリはお互いを歓迎し、その友好的な性格につながったと考えられる。

     

ワールドのパラメータ

ワールド作成 : Deretto

セッションオーナーのパーミッション : Admin

ワールドのセーブ : 可能

タイトルとURLをコピーしました